親知らずを抜歯したい

痛みを最小限に抑えた親知らずの抜歯を致します。

宮崎市で親知らずを抜歯したい方はいわきり歯科にご相談ください。

当院には宮崎市以外から親知らずを抜歯をするために来院する患者さんもいらっしゃいます。たくさんの抜歯を経験してきたノウハウと、最新のデンタルCTで事前に最良の抜歯方法を確認できることから安心して治療を受けていただけます。痛みがなくても自分の親知らずがどのような状況なのかを、一度検査して確認することもできますので、お気軽にご相談ください。

親知らずの抜歯方法を説明している画像

痛み・口臭を発生させる親知らず

親知らずは、英語でwisdom toothと呼ばれ、十代後半から二十代前半にかけて生えてくるものですが、全員が4本生えてきません。上の歯と下の歯で4本が揃わない場合や、生えないケースもあります。

日本人は、親知らずが生えるためスペースが狭いために斜めに生えたり、横に生えたりする場合があります。

親知らずのイメージ

親知らずのデメリット

・歯垢が溜まりやすく、虫歯・歯肉炎になりやすい。
・歯並びが悪くなる可能性があり、かみ合わせに影響がでる場合も。
・磨きにくく適切なブラッシングができず口臭の原因になる。
・体調不良時に痛くなることが多い。(妊娠中を含む)

親知らずの画像

親知らずを抜歯する基準とは?

もし親知らず周辺が腫れたり、痛みが生じる炎症を繰り返すことが多くあれば、親知らずを抜歯することが適当だと考えられます。痛みなどを感じていなくても、見えないところで他の歯や歯茎に悪い影響を及ぼす症例もあります。「親知らずはキレイに生えたから、何もしなくてもいい」ということではありません。しっかり状況を確認して抜歯が必要かを診断する必要があります。当院では、十分な診察を行ってから残すのか、抜歯するのかを総合的に判断し、患者さんにご提案しています。

痛み・腫れを最小限に抑えた親知らずの抜歯

当院は痛みや腫れを最小限に抑えた親知らずの抜歯を心がけております。検査結果で生え方などにより手術難易度の高いものや、神経、血管にダメージを与えるリスクが予測される場合などは、県立宮崎病院歯科口腔外科、もしくは宮崎大学医学部歯科口腔外科と連携する場合もあります。

親知らずを診察している画像

歯科用CTで安全に親知らずを抜歯

最新の歯科用CTを完備しているので、立体的に親知らずの状態が確認でき、より正確な診断が可能なことから、当院では、高い安全性を確保した上で抜歯を行えます。また、このデンタルCTは、エックス線の照射時間と撮影領域を必要最小限に抑えたレントゲンなので、体への負担を軽減できます。

歯科CT

【治療例】横に生えた下顎の親知らずを抜歯するケース

下あごには、下顎神経という下あごの運動や感覚に関わる大きな神経があります。親知らずの根っこが、この下顎神経にとても近い場合、抜歯をするときに神経を傷つけてしまう可能性があります。

神経が傷つくと麻痺が残ってしまうことがあるので、このような場合、2回に分けて抜歯を行います。下記は抜歯方法の例です。

横に生えた親知らずの抜歯(2回法)

●1回目

親知らずを2分割して、頭の部分だけ抜きます。数ヶ月期間を置くと、頭の部分を抜いてできたスペースに向かって、残り半分の根っこの部分が出てきます。

●2回目

再度レントゲン写真で神経との距離を確認し、安全が確保できたら残り半分を抜歯します。

治療に関するご相談や
ご予約はこちら

〒880-0841
宮崎県宮崎市吉村町下り松甲2497-2

診療時間

受付時間

月~金  9:00-12:00/13:30-18:00
土   9:00-12:00/13:30-15:00
※受付:9:00-11:00/13:30-17:30(土曜14:30)

ご予約は必ずお電話にてご連絡ください。

当院は【予約優先制】です。

 0985-24-7707 メール無料相談はこちら