口腔外科(親知らずの抜歯など)

口腔外科(親知らずの抜歯など)

親知らずは、概ね10代後半から20代前半に生えてきます。すべての人が4本生えてくるわけではなく、上下左右の4本が揃わない場合や、まったく生えてこない人もいます。

日本人は顎が小さく、親知らずが生えるための十分なスペースがないことが多いために横向きに生えたり傾いて生えてきたりする場合がある。この場合はしっかりとブラッシングできないことが多く、虫歯や歯肉炎になりやすい状態になります。

症状にもよりますが炎症を繰り返すような状況であれば抜歯することが適当だと考えられます。痛みなどを感じていなくても、他の歯や歯茎に悪影響を及ぼしている場合も多くありますので、一度検査をされる事をオススメします。

※ご予約は必ずお電話にて
ご連絡ください。

お問い合わせはこちら

口腔外科Q&Aで多く見られている質問