• お知らせ
  1. HOME  
  2. お知らせ  
  3. 【重要】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染予防策・患者様へお願い

【重要】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染予防策・患者様へお願い

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する当院の感染予防策と口腔ケアの重要性、感染拡大防止のための患者様へお願いです。

歯の治療は「不要不急の外出」ではありません

当院では換気と空気清浄機、さらに院内での感染予防に努めており、安心して通院していただけること、歯科医院で歯科医療従事者から患者さんが感染した事例は1件も報告されていません。

予約制なので、混んだ待合室で長時間待つこともありません。日頃から院内も感染予防を徹底していますので、安心して通院いただけます。

口腔ケアはコロナ感染症・コロナ肺炎の予防効果があります

コロナウイルスは舌の上の細菌が作る毒素を受容体にします。このため、歯科医院で口腔内を清潔にすることで、感染リスクを低下させることができるます。

介護施設で、口腔ケアによって、インフルエンザウイルスの感染確率が10分の1になったというデータもあります。

コロナ感染症はウイルス性肺炎を起こします。肺胞の細胞内で爆発的にウイルスが増殖して、細胞を殺してしまうのです。そして、死んだ細胞のなかにむし歯菌や歯周病菌が入り増殖します。

誤嚥性肺炎と同じように、細菌性肺炎になるのです。そして、細菌が血管から体内に入り、基礎疾患によって免疫力が低下していると、多臓器不全を起こして命にかかわります。

口腔内の適切な治療・適切なケアが大切です

むし歯も歯周病も時間をおくと悪化します。コロナ感染が怖いからしばらく様子をみると、その間に、確実にむし歯も歯周病も悪化します。1ヶ月期間があくごとに、症状が進み重症化していきます。

県外の感染拡大地域へ渡航しておらず、感染が疑われるような状況ではない場合はなるべく早く治療しましょう。

患者様にも感染拡大防止にご協力をお願いしております

①来院前の検温をお願いします。発熱が認められた場合には来院をお控えください
※基本的には37.5度以上を基準としておりますが、37度以上あった場合も大事を取って来院をお控えください。
※予約変更のお電話をお願いします。

②咳が出る等の症状がある方も来院をお控えください

③患者様が2週間以内に接触したご家族・ご友人・職場の同僚などで感染の疑いがある状況であればご予約の延期・変更をお願いします

④最近2週間以内に感染拡大地域滞在や海外渡航歴のある方はその旨を申し出てください

⑤急を要さない治療については治療時期を延期させて頂きます
まずはお電話でご相談ください。患者様の症状・希望する治療が該当するかご説明します。

 

患者様にはご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。